三登商事

SUPPORT MANUALサポートマニュアル

カッティングシート 転写方法

対象転写シート一覧

#200T #300#300T #300S#300TS
#400 反射シート フロッキー
製版用シート プロテクトシート 箔転写シート

製版用シートは、水性インク用のスクリーンの製版に使用します。カッティングの方法は同じですが、転写はスクリーンの版に直接アイロン等で貼り付けてください。

データを出力しカッティング

デザインをパソコンでカットデータに加工し、カッティングプロッター又は
カット機能が搭載されている業務用プリンターで出力する。

データを出力しカッティング
カットデータの加工方法
カットデータの加工方法

デザインデータをミラー反転し、アウトラインを作成する。

カッティング出力前チェック

① カット刃の刃圧チェック(カットテストを行ってください)
② 原点位置の設定(ベースポイントスイッチで固定)
③ 転写シートに歪みが無いか確認してください

シートのカス取り

PETフィルムからデザイン面以外の部分を取り除く

シートのカス取り

仮転写

ヒートプレス機の上で転写する生地にシートを乗せ、レイアウトを行う。(仮転写)
転写条件は、当社のシートの種類により異なります。

仮転写

PETフィルムを剥がす

PETフィルムは冷めてから剝がしてください。

PETフィルムを剥がす

本転写

リケイ紙(又は、テクスチャリングペーパー)を、生地の転写面の上に置く。
次に、ヒートプレス機で再プレスを行う。(本転写)

転写条件は、当社のシートの種類により異なります。

本転写
〇転写可能素材

綿・ポリエステル・綿ポリ混紡・(#400は撥水防止生地)など

〇保管方法

直射日光・高温多湿な場所は避けて保管してください。(長期に渡る保管・保存の場合、シートの劣化が発生する可能性があります。あしからずご了承ください。)

DOWNLOADサポートマニュアル

詳細を記載したPDF カタログを
ダウンロード出来ます。

インクジェットシート 転写方法

対象転写シート一覧

SP-JWPSP-JFP SP-JⅢFPSP-JⅢMP SP-J400PSP-J400FP
SP-J透明P SP-J6XP SP-JMPSP-JMGP
SP-JSSP SP-OWLs SP-JRP

透明タイプのため、データは鏡像プリントしてください。アプリケーションシートの使用は不要です。

アプリケーションシートMXが必要です。

データを出力しカッティング

パソコンでデザインしたデータをインクジェットプリンターで出力し、
カッティングプロッター又はカット機能が搭載されている
業務用プリンターでカッティングする。

データを出力しカッティング
カットデータの加工方法
カットデータの加工方法

デザインデータのアウトラインを作成する。

カッティング出力前チェック

① カット刃の刃圧チェック(カットテストを行ってください)
② 原点位置の設定(ベースポイントスイッチで固定)
③ 転写シートに歪みが無いか確認してください

シートのカス取り

PETフィルムからデザイン面以外の部分を取り除く

シートのカス取り

アプリケーションシートへ転写

アプリケーションシートをから張付けヘラでデザインされた箇所をしっかり押し、密着させる。(透明タイプはリタック不要)

アプリケーションシートを台紙フィルムシートより剥がしアプリケーションシートにデザインされたシートを転写する。

アプリケーションシートへ転写

仮転写

ヒートプレス機の上で転写する生地にシートを乗せ、レイアウトを行う。(仮転写)
転写条件は、当社のシートの種類により異なります。

仮転写

アプリケーションフィルムを剥がす

アプリケーションフィルムはあたたかいうちに剝がしてください。

PETフィルムを剥がす

本転写

リケイ紙(又は、テクスチャリングペーパー)を、生地の転写面の上に置く。
次に、ヒートプレス機で再プレスを行う。(本転写)

転写条件は、当社のシートの種類により異なります。

本転写
〇転写可能素材

綿・ポリエステル・綿ポリ混紡・撥水防止生地など

〇保管方法

直射日光・高温多湿な場所は避けて保管してください。(長期に渡る保管・保存の場合、シートの劣化が発生する可能性があります。あしからずご了承ください。)

DOWNLOADサポートマニュアル

詳細を記載したPDF カタログを
ダウンロード出来ます。

水転写シート 転写方法

対象転写シート一覧

水転写シート

データを出力しカッティング

パソコンでデザインしたデータをインクジェットプリンターで出力し、
カッティングプロッター又はカット機能が搭載されている
業務用プリンターでカッティングする。

データを出力しカッティング
カットデータの加工方法
カットデータの加工方法

デザインデータのアウトラインを作成する。

カッティング出力前チェック

① カット刃の刃圧チェック(カットテストを行ってください)
② 原点位置の設定(ベースポイントスイッチで固定)
③ 転写シートに歪みが無いか確認してください

シートのカス取り

PETフィルムからデザイン面以外の部分を取り除く

シートのカス取り

水に浸す

水転写シートで作成した転写マークを台紙ごと水に浸します。
20~30秒で台紙から離れ貼ることができる状態になります。

水に浸す

転写位置の決定

マークを台紙から1~2cmずらし、
台紙ごと施工対象にあてがい、位置決めをします。

転写位置の決定

水を取る

スポンジ等でよく水を取る。
作図シートが動かないように指で固定する。

水を取る

乾燥させて完成

1時間ほど自然乾燥させれば完成。
クリアコーティング・熱硬化などの2次加工を施して仕上げる場合は、
特に念入りに乾燥させてから行って下さい。

乾燥させて完成

仕上げ(コピー、カラーレーザーなどのトナー方式は検証が必要です。)

〇自然乾燥

室内や摩擦のかからない場所なら、自然乾燥で十分です。

〇熱硬化

熱を加えても変化しない素材なら、170℃で3分以上、加熱すれば硬化します。小物であればオーブンで焼くと仕上がります。

〇クリアコーティング

加熱できない素材には、クリアスプレーを吹いて仕上げます。薄く吹いて塗り重ねするとより良く仕上がります。

〇耐水コーティング

壁面などのザラザラしたものには、シリコン系防水スプレーを使うと凸凹や、隙間によくしみこみます。

DOWNLOADサポートマニュアル

詳細を記載したPDF カタログを
ダウンロード出来ます。

当社が製造する全てのシートには、焼却時の二酸化炭素の排出を削減する「グリーンナノ」が添付されております。